スノボーウェアの選び方・2

スノボーウェアの選び方

・着やすさ

ウェアによって動きに制限をかけられてしまううことがあります。

いくらファッション性が高く大変お気に入りでも、
自分の実力を出し切れないスノボーウェアでは意味がありません。

したがって、スノボーウェアを購入するときには必ず試着を
しましょう。

 ・ 両手を上や横に伸ばしてみたり、

 ・ 屈伸運動をしたり、足を大きく広げてみたり、

など、実際にスノボーを滑る動作ををその場でやってみましょう。

サイズに関しても、 足の丈、袖の長さを念入りにチェックしましょう。

足の丈が長すぎると歩くときや滑走時に引きずってしまいます。
袖が長すぎるとグローブを履くときに邪魔になります。

このような機能面についてもしっかり考えて選びましょう。


・大きさ

サイズが合わないスノボーウェアは、思うように滑れません。
また、足の裾がエッジにからまったりすることもあります。

大切なことは自分のサイズに適したスノボーウェアを選択する
ことです。



・防水耐水

高度な防水・耐水性が求められます。
ウェアについているタグなどにGORE-TEX(ゴアテックス)と
書かれているものがありますが、これは防水性能が高く、
かつ通気性に大変優れている素材であることを表しています。

防水性能は、初心者なら 3,000mm以上あれば十分でしょう。
さらに欲を言えば 5,000mm以上は欲しいところでしょうか。


・通気性

スノボーはハードなスポーツです。

汗をかくので、ウェアの通気性能が求められます。
体の熱気を上手に外へ逃がさないと、疲労蓄積の原因にも
なるからです。

スノボーウェアは外からの冷気を妨げ、中からの熱気を上手に
逃がすという性能が求められます。

そして、その性能が優れているスノボーウェアほど高価になります。

bombonera 12パーカー ネイビー×ピンク 〔bombonera05〕

スノボーウェアの選び方

ウェアー

スノボーウェアーは保温性の高いのがお薦めです。
ゲレンデで滑っているとかなり激しい転倒をすることもあるので
質の悪いウェアーを着用していると中までぬれることが
あります。
バートンのウェアーがお薦め


・フード

スノボーウェアにはだいたい帽子となるフードがついています。
フードはウェアを選ぶときのポイントとして大変重要です。

そのフードですが、毛のついたものはさけましょう。

その毛に雪が付着して凍ってしまい、顔などにに当たると
好ましくありませんから。

吹雪いたときに、フードの良し悪しで体感温度に差が出ますです。

フードのフィット感、扱いやすさ、顔の覆い被さりの大きさなどをきちんと確認しましょう。



ゲレンデのNewトレンド!今シーズン人気No1!周りの視線独り占め確実!?新し物好きの必須アイテム!



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。