スノボー板

スノボー板の長さ

基本は自分の身長に15センチプラスした長さが最適だと
されています。


でも、経験者のなかには、異論をもつ人もいます。


短いもの・・・小回りがきいて扱いやすい。

長いもの・・・スピードが出たときの安定感がいい。

      という具合に。


ですが、初心者は、身長に関係なく150センチ以下の長さが
いいでしょう。

148センチ位でもいいでしょう。

ただ、身長が180センチ以上ある男性ですと、153センチ前後が
望ましいと思います。これだと安定感が得られます。


また、十分に慣れてきたら、自分に合わせて長さを選択するのも
いいでしょう。




スノボー板の巾

実は、幅が細いほどターンが決めやすくなるという特徴があります。

なので、初心者はターンのしやすい細いタイプをお勧めします。

ただ、注意しておきたいことは、
履くブーツが板から大きくはみ出ないようにすることが大切です。

はみ出しが1〜2センチぐらいはよいのですが、
3センチ4センチとなるとターン時にブーツのつま先がぶつかって
しまい転倒の原因になってしまいます。




スノボー板の堅さ

スノボー板の「堅さ」は「フレックス」という言葉で表されます。

板が堅いほど反発力が強く、扱いが難しくなりますし、
十分な足の力も必要となります。

まだスノボーになれていない初心者がいきなり堅いスノボー板を
使うと、思うように動けなくなることもありますから、
柔らかいタイプがいいでしょう。

柔らかいと、雪面の凹凸に対して衝撃を吸収するというメリットも
あるので、ライディング時の転倒を減少させることができます。



スノボー板のデザイン

やはり、どれにしようかと迷った時は、デザインで決める人も多いことでしょう。

スノボー板を見た目で選ぶ方は相当いるかと思います。

デザインで選ぶときは、デッキ面(表)のデザインだけではなく、ソール面(裏)のデザインにこだわるようにしましょう。

デッキは(金具)が着くなどして、デザインがほとんど隠れて
しまうからです。

スノボーは、いわば危険なスポーツです。

なので、スノボーアイテムを信頼のあるブランドで揃えることに
よって危険を回避できる場合もあります。


一方、無名ブランドは安価です。

初心者のうちはボードの性能を生かし切ることは難しく、
また危険なスピードで滑走することも少ないので、
背伸びして有名ブランドを購入する必要はないのでは?



スノボー板の価格

有名ブランドものは安価とは言えません。
そこで狙いたいのが、昨シーズンものです。

インターネットの通販をこまめに見ていくと、
激安の掘り出し物が見つかったりもしますよ。

オークションでは中古品が多いのですが、
なかには購入したものの一回も使用していないという
新古品もありようです。


雪のないところでもスノーボード

|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。