スノボーブーツの買い方

履きやすさ

スノボーブーツにおいては履きやすさをまず考えて選び
ましょう。

デザインは、二の次です。

履きやすさとは

 ・ 歩きやすさ

 ・ 紐の縛りやすさ

 ・ 脱ぎやすさ   


買うときには、試着しましょう。
それも、片方だけでなく両足とも試し、歩いたりしゃがんだり
してみましょう。(店員さんにひと声かけてね)

できれば夕方以降のほうがよいでしょう。
足がむくんでいるから好都合なのです。

人間の足は、朝と夕方とでは約1センチもサイズが違います。

実際にゲレンデで装着することを考えて、しっかり履いて、
紐も実際に締めてみましょう。


このとき、ヒモが締めづらかったり、扱いづらいと感じた場合は
見送った方がよいでしょう。

スノボーの準備で一番時間のかかるものが、ブーツの着脱です。

少しでも時間短縮をはかりたいため、自分のやりすいタイプを
選びましょう。



重さ

軽量タイプと重量タイプの2種類があります。
軽量タイプの魅力は、その扱いやすさにでしょうね。
歩きやすく、リフトに乗っているときも足の疲労を軽減することが
できます。

ただ、防寒性能は劣ります。


一方、重量タイプは足への負担が大きくなりますが、
防寒性能に優れており、かつボードと雪面への接触をサポートして
くれます。

一般的に、重量のあるスノボーブーツは中〜上級者向け。

軽くて柔らかいスノボーブーツが初心者向けと言えるでしょう。



フィット感

スノボーブーツにはインナーと呼ばれる箇所があります。

これは直接足を包み込む部分であり、スノボーブーツの善し悪しを
決めるところと言えるでしょう。


何度もブーツを履くことによりインナーはその人の足の形状や
サイズを覚え、形をつくり上げます。

着脱も楽になります。

しかし、中にはやや粗悪なインナーもあるようです。
これらは、復元力が低いことにより足とインナーの間に隙間を作って
しまうのです。

したがって、無名ブランドの激安品を買った場合は、このことを
ある程度覚悟して購入する必要があると思います。




保温・通気

ブーツの保温がよくないと、体がこわばるなどして、
実力を思うように引き出すことができません。

スノボーブーツでは保温性の高いものが望まれます。

一方、通気性も大切になってきます。

保温性と通気性は相反するものですが、両者が上手に共存できる
タイプのスノボーブーツが理想的です。

これを探し当てるのは難しそうですが。


次世代スケートボード誕生、スノーボードやサーフィンのオフトレに最適な新アイテム!

スノボーウェアの選び方・2

スノボーウェアの選び方

・着やすさ

ウェアによって動きに制限をかけられてしまううことがあります。

いくらファッション性が高く大変お気に入りでも、
自分の実力を出し切れないスノボーウェアでは意味がありません。

したがって、スノボーウェアを購入するときには必ず試着を
しましょう。

 ・ 両手を上や横に伸ばしてみたり、

 ・ 屈伸運動をしたり、足を大きく広げてみたり、

など、実際にスノボーを滑る動作ををその場でやってみましょう。

サイズに関しても、 足の丈、袖の長さを念入りにチェックしましょう。

足の丈が長すぎると歩くときや滑走時に引きずってしまいます。
袖が長すぎるとグローブを履くときに邪魔になります。

このような機能面についてもしっかり考えて選びましょう。


・大きさ

サイズが合わないスノボーウェアは、思うように滑れません。
また、足の裾がエッジにからまったりすることもあります。

大切なことは自分のサイズに適したスノボーウェアを選択する
ことです。



・防水耐水

高度な防水・耐水性が求められます。
ウェアについているタグなどにGORE-TEX(ゴアテックス)と
書かれているものがありますが、これは防水性能が高く、
かつ通気性に大変優れている素材であることを表しています。

防水性能は、初心者なら 3,000mm以上あれば十分でしょう。
さらに欲を言えば 5,000mm以上は欲しいところでしょうか。


・通気性

スノボーはハードなスポーツです。

汗をかくので、ウェアの通気性能が求められます。
体の熱気を上手に外へ逃がさないと、疲労蓄積の原因にも
なるからです。

スノボーウェアは外からの冷気を妨げ、中からの熱気を上手に
逃がすという性能が求められます。

そして、その性能が優れているスノボーウェアほど高価になります。

bombonera 12パーカー ネイビー×ピンク 〔bombonera05〕

ゲレンデでのマナー

スポーツマンであるからには、
マナーやルールを守ってゲレンデを利用することが大切です。

そのために必要最低限のマナーは覚えておく必要があります。


ひと言で言えば、「他の方に迷惑のかかることはしない」ということでしょう。

たとえば、

  ・ 猛スピードで滑走してきたり、

  ・ 人の多いところでジャンプしてみたり、
  
  ・ タバコの吸いがらをゲレンデに捨てる。

     などは論外です。


FILAスノーゴーグル2006〜2007モデル新型FG-993-220

スノボーウェアの選び方

ウェアー

スノボーウェアーは保温性の高いのがお薦めです。
ゲレンデで滑っているとかなり激しい転倒をすることもあるので
質の悪いウェアーを着用していると中までぬれることが
あります。
バートンのウェアーがお薦め


・フード

スノボーウェアにはだいたい帽子となるフードがついています。
フードはウェアを選ぶときのポイントとして大変重要です。

そのフードですが、毛のついたものはさけましょう。

その毛に雪が付着して凍ってしまい、顔などにに当たると
好ましくありませんから。

吹雪いたときに、フードの良し悪しで体感温度に差が出ますです。

フードのフィット感、扱いやすさ、顔の覆い被さりの大きさなどをきちんと確認しましょう。



ゲレンデのNewトレンド!今シーズン人気No1!周りの視線独り占め確実!?新し物好きの必須アイテム!



スノボー板

スノボー板の長さ

基本は自分の身長に15センチプラスした長さが最適だと
されています。


でも、経験者のなかには、異論をもつ人もいます。


短いもの・・・小回りがきいて扱いやすい。

長いもの・・・スピードが出たときの安定感がいい。

      という具合に。


ですが、初心者は、身長に関係なく150センチ以下の長さが
いいでしょう。

148センチ位でもいいでしょう。

ただ、身長が180センチ以上ある男性ですと、153センチ前後が
望ましいと思います。これだと安定感が得られます。


また、十分に慣れてきたら、自分に合わせて長さを選択するのも
いいでしょう。




スノボー板の巾

実は、幅が細いほどターンが決めやすくなるという特徴があります。

なので、初心者はターンのしやすい細いタイプをお勧めします。

ただ、注意しておきたいことは、
履くブーツが板から大きくはみ出ないようにすることが大切です。

はみ出しが1〜2センチぐらいはよいのですが、
3センチ4センチとなるとターン時にブーツのつま先がぶつかって
しまい転倒の原因になってしまいます。




スノボー板の堅さ

スノボー板の「堅さ」は「フレックス」という言葉で表されます。

板が堅いほど反発力が強く、扱いが難しくなりますし、
十分な足の力も必要となります。

まだスノボーになれていない初心者がいきなり堅いスノボー板を
使うと、思うように動けなくなることもありますから、
柔らかいタイプがいいでしょう。

柔らかいと、雪面の凹凸に対して衝撃を吸収するというメリットも
あるので、ライディング時の転倒を減少させることができます。



スノボー板のデザイン

やはり、どれにしようかと迷った時は、デザインで決める人も多いことでしょう。

スノボー板を見た目で選ぶ方は相当いるかと思います。

デザインで選ぶときは、デッキ面(表)のデザインだけではなく、ソール面(裏)のデザインにこだわるようにしましょう。

デッキは(金具)が着くなどして、デザインがほとんど隠れて
しまうからです。

スノボーは、いわば危険なスポーツです。

なので、スノボーアイテムを信頼のあるブランドで揃えることに
よって危険を回避できる場合もあります。


一方、無名ブランドは安価です。

初心者のうちはボードの性能を生かし切ることは難しく、
また危険なスピードで滑走することも少ないので、
背伸びして有名ブランドを購入する必要はないのでは?



スノボー板の価格

有名ブランドものは安価とは言えません。
そこで狙いたいのが、昨シーズンものです。

インターネットの通販をこまめに見ていくと、
激安の掘り出し物が見つかったりもしますよ。

オークションでは中古品が多いのですが、
なかには購入したものの一回も使用していないという
新古品もありようです。


雪のないところでもスノーボード

|

スノボーとは

スノボーとは


「スノーボード」の省略した言葉です。

ウインタースポーツの一つで、アメリカで誕生したスポーツです。

スキーとは違い一枚のボードに両足を固定し、サーフィンのような
横乗りスタイルで雪上を滑走し、体重移動だけで方向変換します

扱う板は左右対称であり、前方にも後方にも滑ることが可能です。
両足が一枚の板で固定されているため、イメージとして「難しそう」という印象をもたれがちですが、すぐに慣れることの出来るスポーツであると思います。


上級者になると台から回転したり、ジャンプしたりと様々な
楽しみ方があります


その歴史は、意外に浅く、まだ40年ほどしかたっていません。
日本にスノボーが入ってきたのは1980年前後です。

危険で難しいスポーツと思われがちですが、スキーに比べ
導入は容易く、上達も早い。


もっとも多く普及しているのは「フリースタイル」と呼ばれる
ものです。


低温下でも硬度と柔軟性を維持するアンチフリーズPPのデッキにブレーキ、ハンドルを備えた雪上用の新しい乗り物です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。